2004年12月09日

蜘蛛男 弐

今日、先日買った「蜘蛛男2」のDVDを観た。

ちなみに、イタリア語では「Uomo Ragno」(うおもらーにょ)ということになるらしい。
   ※ Uomo:男 Ragno:蜘蛛


そんなことはどうでもいい。

スパイダーマン2、おもろかった!

誰がなんと言おうと、チルディッシュだろうがなんだろうが、僕は好きだ。


蜘蛛男の2作目、ちょっと感動してしまった。


<ここからは、かるくネタバレしてしまうので注意!>



スパイダーマンが電車を止めた後、力尽きてマスクを外したままくたばっていると、まわりは口々に驚きをもらした。

「なんて若いんだ。(注:ごいぴうち訳)」

「子供じゃないか。(注:ごいぴうち訳)」

「うちの息子よりも若い。(注:ごいぴうち訳)」

そして、スパイダーマンは気を取り戻したが、自分のマスクがない事に少し動揺する。

すると、子供がマスク見つけ差し出しながら、言った。

「僕、誰にも言わないから。(注:ごいぴうち訳)」

このとき、なぜかめちゃくちゃ感動してしまった。
もう、泣きそうだった。っていうかちょびっと泣いてた。


映画でもドラマでも、僕はほとんど泣かない。

なのに、こんな子供向け映画で泣くとは・・・
しかもあのシーンで?

おかしいぞ、オレ。

まぁ、いいや。



楽天でスパイダーマンを探す≫

Amazonでスパイダーマンを探す≫



≪前へ次へ≫カテゴリートップへHOMEへ